全自動機械の時計はどこの国が発明したのですか

全自動機械は電池がなくて、自動機械表は腕の動きによって自動的に弦をつける必要があるため、毎日8時間以上配付しなければならなくて、時計を正確に確保することができます。それでは全自動機械の時計はどの国が発明したのですか?

全自動機械時計は、スイス人が普通の機械で発展している。腕時計がエネルギーを運ぶのは発条の弾力によって提供されていて、十分発条した時に、その力は大きくて、時計の運航に従って、発条の髪の緩みに従って、その力も次第に小さくなります。腕時計は上から24時間までの時間にかけて、そのパワーの出力は穏やかで、この時も比較的正確で、誤差が小さい。また、24時間を超えると発条のトルクが急落し、誤差が増大する。腕時計を確保するためにはより正確なので、毎日のタイミングで十分に発布します。

機械腕時計のメンテナンス原則:

1、自動腕時計は使用過程において、その発条が常に一定の向上度を保つことができるため、手首から取り外し、動かず、まだ24時間以上の走行時間を保つことができる。

2、自動表を数年後に使用すると、自動部品が磨耗しているため、柔軟度も低下しますので、毎晩寝る前に、時計を一定時間動かして、動力不足を補うことができます。

3、自動表の自動装置が失霊すると、手に発条をつけることもできますが、満席ではありません。手に発条感があるのは、自動的な歯車や自動ハンマーも、大鉄輪の回転によって回転します。