タイ格HOYAはいっしょに中国が月を探って工事が“月を議論する”の科学普及のフォーラムの“月ごとに探測する”の文化の巡回展が現れて西安駅で開幕します

2018年8月17日、タイ格HOYAと中国が月を探って工事が共に“月を議論する”の中国を展開して月の科学普及のフォーラムを探って、今回のフォーラムは陝西省西安市陝西の科学技術館に位置します。中国が月を探って首席の科学者の欧陽は遠い院士、文学博士の李浩などから各位が共に“月を探る”の工事の科学者を研究して現場に自ら臨みに参加して、更に次々とフォーラムの現場に来る有名な映画スター、タイ格HOYAの全世界のブランドの大使の楊穎とタイ格HOYAの各位の高層があります。
あとで、タイ格HOYAの全世界のブランドの大使の楊穎の西安SKPショッピングセンターに向かう一層の中庭は開催するのは西安は“月ごとに探測する”の文化の巡回展の除幕式に立ちます。
七夕の佳節を喜んで迎えて、“月を議論する”の中国の月を探る科学普及のフォーラムは各位の現場人員の科学普及の関係する知識です。欧陽院士は述べて着きます:“今精確な測量を通じて(通って)、牽牛星と織女星はそれぞれわし座と琴座の2個の最も明るい恒星に属して、距離の約16光年、約160兆キロメートルまで。”気がかりのために現場の子供の知識のレベルまで(に)、欧陽院士が生き生きとしている比喩を運用するのはみんなの科学普及です:“16光年の距離つまり、織女こちら(側)がウシ飼いに電話をかける、1通の小さい手紙、ウシ飼い16年後でやっと知っています情報、今彼らのために掛けるひとつの‘カササギの橋”、搭乗するもっとも速いの上回る宇宙速度の20キロメートル/秒の飛行船必要だ25万年会う一回、だから、今の技術、でこれ最も解決することがあり得ない問題。”
それでは古人はまたどのように“月を議論する”ですか?文学博士、西北大学の中国文化研究センターの主任、教育部の長江の学者の特別招聘の教授の李浩は述べて着きます:“この問題について、古人は月の思考と理解について容易に理解して、彼らは歳月と金木の水と火の土を一体に総称されます。”古人は月の光度それぞれの時期にについてすべて特殊な命名があって、具体的に《前赤壁の賦》の中で蘇東坡の“壬戌の秋を考証することができて、7月の16日”、古人は月を最も明るい時期に“16日”に命名します。