時計を遊ぶのは病みつきになったのが私の経験した26つの腕時計をちょっと話すのです

時計を遊ぶのは病みつきになったのです。多くの人がそのため経済を強めて負担ができるのを信じて、しかし全く節度がないがのでもありません。多少表すについて取れたので、情況はいつも敬慕する時計のモデルがいるので、心がむずむずし耐えがたくて、上から下まで探して、最後に組み入れて、情況はどんな特別な目標がないので、ただ買って遊びたくたいだけです。私にとって、前基本的に残して手、後一定の時間を遊んで出て落ちます。もちろん例外もあって、多少比較的敬慕する時計のモデルはいっそう敬慕する時計のモデルに取って代わられて、さすがに手に残してたくさんただ表すだけことはでき(ありえ)なくて、経済の上向きの圧力ももとても大きいです。

次にの時計のモデル、すべて旅人になって、多少依然としていつも忘れないで、しかし再度購入する機会が多すぎることはでき(ありえ)なくて、書き込みを立ててここで出して、記録と思えば良いでしょう!当然で、ただ一部、たくさんよく携帯電話をかえてなくしたため根本撮影あるいは写真を表しません。

第がいっしょにオメガの復古するセイウチは、はやはり(それとも)非常に好きでしたの復古風が濃厚で、はチップが、オメガが優秀でしたそれからまた何モデルが似ているかを出したのでしかし、はモデルすべて価格は更に高いです。
第2つはロレックスの青い幽霊の王です。心から美しい時計の文字盤、同じく心から好きで、ただとても重くて重すぎて、厚くすでに慣れて、しかし確かに重すぎて、金迪のためにそれを出ました。
第3つのnomos551。これは中古が買ってきたので、価格が適切で入って、聞くところによると磨き上げるのが価格ライン中でと比較的優秀なため、価格が適切で入りました。