この生涯はいくらを使って時計を買うべきですか?

金が儲かってからどうにか暮らしを立てて余剰の労働の所得があるまで(に)自分の精神に求めるように満足させに来て、私の偉大な中華民族はこの数十年の歴史の変遷の中で完成して物質から精神の華麗なのまで(に)逆転します。しかし根強い伝統が理念を消費して社会の大潮がその中を埋もれさせられるのに従わないで、かえってますます激しくなる傾向があります。前区時間とても流行っているひと言のようで、その中はまったく選択が病気を恐れるのは何もなくて、ただお金がただ足りないだけ。

これがところで何人の肋軟骨に当たったのを考えてみて、物質的文明のすでに十分なのは発達していたが、しかし精神文明はやっとちょうど歩きだして、富む2世代がない、官の2世代、赤い2世代の背景、中産階級達は衣食住と交通手段のすきまの中から必ず資源を絞り出して精神世界の追求、これ言ってみれば少しもの悲しい額の意味のようなのを満足させに来なければなりません。
私は上文の中でその中は言いたくて、もしもそれではこの生涯が一体いくらを使って時計を買うべきだ適切だと言える多すぎる制限がありませんか?ここは必ず言うでしょうる人がいて、もしも話はのそれが間違いなく多ければ多いほどとてもな上限がなくて、高ければ高いほどとても。この私に対してただ言いたいだけ、このような考えの人この生涯がいて恐らくすぐ1両を買ってただ表すだけことができて、しかも絶対に良い時計がではありません。私はいつも男が1匹の気に入る良い時計が1度の花鳥風月の恋愛を話すようなことに出会うについて感じて、恋愛をして多ければ多いほどとてもことができますか?もちろんではなくて、万花の群の中で過ぎて、板の葉がからだのそれをつけないのは愛情ではありません。

話が多くなくて言って、もしも私からすると一生が100万取り出すのが時計を買いに来る1つの比較的合理的な数字であるべきで、できないでとても僑の情、同じくできないでとても土豪、経験するべきなのはすべて経験することができて、持つべきなのも同様に欠けていないことができて、続いてこの100万を見てみてどうして使うべきでしょう!