1条の腕時計のバンドでうわべだけを変えます慣れるオメガの月の暗い面

とても長くてとても長い軽装の月面の腕時計のバンドを予約してついに着いて、これに本当に長い年月が経過してどうしようもなくなってからのように待って、今回の原始のバージョンをかえた月の暗い面のズックの腕時計のバンド、このズックの高級は思って本当の傍線の、丈夫な程度は時間を待たねばならなくて検証して、材料の表面の上に手の粗い削り目をつぶすいかなるがなくて、盛んな今年に比べて新しいのは入門して自分で作って配合するズックの質感の上でずっと良くなった……輸入完成品のが皮バンドがひっくり返ってとても思う復古があって、しかしその上時間の1は久しく汚くなり洗い流せないで、人をつらくならせて、その上陶磁器はボタンの長さを折り畳んでも微調整することはできなくて、末の弟の計略はサイズに対して比較的敏感で、オメガの標準的な腕時計のバンドの上で完璧なサイズが探し出せません。それからもと工場natoをかえたのが心地よく心地良くなってで、しかし背を遮って通って、浪費して辺鄙なすばらしい風景、心の中少しそれなにを表します……その上ももと工場のその質感の破裂する陶磁器を浪費してボタンを折り畳んで、そこで今回はやぶれかぶれになってショットタイプの腕時計のバンドを予約して、その上予約を取り消すことはできなくて、人民元は約1600つのズックの腕時計のバンドは1度の賭け事のようです、幸い賭けるのが正しくて、完璧なサイズ、心地良い感は時計に破裂します。