男をするのは自分に対して少し残忍で、歯を食いしばります手をつける月相

7月末に一家は息子を連れてバリ島に休日を過ごしを行って、帰国して行って回の免税店すこしぶらぶらする時に、みんなはすべて免税店が腕時計と化粧品が安くなるなことを知っていて、同業の団の友達はすべて腕時計を見ていて、私はつまらなく引き続きいっしょに見て、その時ティソの杜ルールが気に入って、5800余り……しかし自分がいっしょに78(7,8)年のをつけて亜を飛んで達するありを考えてみて、買う必要はないと感じて、ホテルに帰りました。帰国する飛行機の上で自分がこの年齢(末の弟が80後30余りになった)に着いてもひとつの少し良い腕時計があるべきなことを考えてみて、その上その時亜を飛んで腕時計に達するのを買った時まったく腕時計がただ美しいと感じるのを知らないで、2年つけて鋼の腕時計のバンドは私がこの年齢につけているのが少し年寄りじみていると感じて、自分でベルトをかえてまたつり合いがとれていないと感じます。心の中はそれは後悔して、帰国した後に腕時計に関心を持ちを始めて、腕時計の家をダウンロードして、毎日の中で見て、ティソの杜ルール国内は8000余り売って、2000余りバリ島免税店より高くなりました。個人は働くと感じます.ヨーロッパ.カード.万はこれらのブランドとても高い調子を待って、ふだん勤務してとても仰々しく目立ちました。ある時ある宝の上であなたが好きになってロンジン名の職人の月相を推薦したのを当てて、その時この腕時計がそれに8針、を引き付けられたのを見ました.月相.ワニの皮バンド.うわべが流行して、心からきれいです…その時価格が1つのサラリーマン階級が少し贅沢になったと感じるのを見ました。日の1人の兄弟の嫁さんをあけて韓国で代理購入をして、この腕時計をも見て、友達を出して閉じ込めてすこし聞く欲しい人がいてか、持ち帰ることができて、価格の20000は着きません。心の中はそれはかゆいです!からみ合います!最後はやはり(それとも)手をつけていません…それから何日(か)の中心の中ですべてこの腕時計で、週末に息子を連れて映画を見るのに行くさえ一つの階下を選んで腕時計を売るマーケットがあって、映画を見る前にまた(まだ)ロンジンのコーナーに行って少しつけるのを見て試みます。8月7日夜まで大丈夫でまたコーナーに見てみるのを行って、翌日自分の誕生日で、自分ですでに一回後悔して、後悔していたくありませんでした。40mmのをつけたのを試みて、末の弟は(本人の身長の183cmに少し小さくなったと感じて、体型は)が少し太り気味で、歯を食いしばってとカードで払って押さえて、自分にあげる誕生日のプレゼント。
腕時計は4日つけて、主にいくつ(か)の問題があります:1.腕時計のベルトのつける時ちゅっちゅっと音を立てるのがあります。2.週それは23時にあとでカードができて、過ぎて0時がゆっくりと、ほかのどんな問題でないに良くなりました。つける時とても注意して、手を洗ってすべて腕時計のバンドを濡らすことはでき(ありえ)なくて、毎日帰って来て清潔な布を持って腕時計のバンドを拭きます。また(まだ)わざわざベルトを買って油(脂)に保養して、大丈夫なことにの暇にしていて腕時計のベルトに保養しました。各位の巫女が見てみる下に画像を頼んで、正規品ではありませんか…