勇ましいボスの四方の3モデルのカルティエの戦車の腕時計は鑑賞します

カルティエの戦車のどんなに横暴な名前、そのために横暴なのはすべて少しカルティエの一貫している気高い風格にあまり合わないで、倒れるのはよく軍用のシリーズの時計オメガの名前を出すようです!でもカルティエの戦車のシリーズの時計のモデルはまた(まだ)本当に戦車の名前に合って、大部分はすべて真四角でで、シンプルで丈夫な風格の、このような風格は本当に普通な人が受けることができるのではなくて、今日みんなを連れて見聞が広まって戦車のシリーズの中で比較的貴重で珍しいデザインを鑑賞します。
この戦車は2006年に産して、全世界は20匹制限して、手動の完全の透かし彫りの設計のため、プラチナの金を採用して殻を表して、サイズは40x28x7ミリメートルで、やはり(それとも)比較的薄い1モデルを見てとれることができて、透かし彫りではなやかな造型は換えてくるの高価な価格で、かつ全世界は20匹制限して、普通でない人は買って手に入れることができました。
このカルティエの戦車がカルティエの150周年紀念時出て、恐らく150周年紀念だから全世界に迎合するのために150匹制限して、外形のシンプルなののはすべて少し奇異になって、このような風格は私は普通な人は受けにくいたいでしょう、可能性伝説の中のシンプルな米、12時に方向の四角形のウィンドウズは表示するの時間(跳ぶ時)で、6時に方向のあおぐ形のウィンドウズの表示したのは1分(数字が回転する)で、冠を表してルビーを象眼して、殻を表すのはプラチナの金ので、サイズは、厚さのそばの1モデル38x25x7ミリメートルです。