機械が上弦を表すのが足りないどうですか?にどうあげるの

今たくさん自動機械式ウォッチのサラリーマンをつけてでも事務室に座って、仕事がひけて家に帰る少しのスポーツ、もしも運動量は足りないで、腕時計は上弦が足りないがのできて、このように機械が表して幸運だあまり正確でないのをもたらして、甚だしきに至っては止まる時。機械的に表して、ぜんまいの上弦に頼って動力を提供するので、歯車を通じて(通って)時間単位の計算を回してきます。すぐ自動機械的な時計、運動するに頼って(寄りかかって)動力を提供しに来なければなりません。物理学の仕事をする原理によって、物体の水平移動は仕事をしないで(あなたの加速度が振って動かない限り)、腕は上から下まで振って動いて、この時陀の回転するのが最大で、しかしもし陀のぶれに沿って上から下まで振って動いて、自動陀も回さないで、だから計略は腕時計の上弦を平行移動します。だから自動機械的な時計がまだ手動で機械的な時計なのにも関わらず、すべて十分な弦を十分補充するのを保証しなければならなくて、ようやく幸運な正確性を維持することができます。
1、機械が上弦を表すのが足りないどうですか?

機械式ウォッチの上弦が足りないで腕時計のが幸運だのが精密で正確なことに影響して、ひどく状況で腕時計に止まっていかせて、もしも長期上弦は不足して、よく腕時計の時間単位の計算が許さないがの現れて、人為的に調節して幸運なことが必要なことを招いて、腕時計の寿命に影響します。
2、どう手動で機械的な時計の上弦にあげる:

表しを上に向って正面に並べて、右手の上弦、時計回りです。普通は十分補充して2―3日行くことができるべきなことを表して問題がなくて、しかしもしも新しい時計で、一回が弦を十分補充するのが必要です!
普通で正常な上弦は30の下で要して、基本的でいっぱいで、(前提があなたがの上をいっぱい要するののだ)手の上弦の腕時計は実はどちらでも良くなって、あなたはずっと回してまでのことはできないにの上がるのでさえすれ(あれ)ば、ぜんまいはいっぱいになりました。
毎回上弦はあなたで冠の抵抗力を表してまでを感じるべきです。
腕時計のぜんまいの仕事の巻数の通常は6―10周間で、働く巻数が多めに、上弦の回数を多かったすぐ。