オメガの機械の誤差の標準_オメガを表す正常な誤差はいくらですか?

今日私達は腕時計の精確度と腕時計の誤差の問題を言いに来て、精密で正確な度がひとつの良い時計のなくてはならない原因だと言う人がいて、そこで1相当して、その他の付加の原因は1後ろの0で、もっと多い付加の要求、後ろの0は多ければ多いほど価値が大きくなって、しかし前の1がなくて、また多い0はすべてむだだです。

オメガの機械の誤差を表す標準はいくらですか?

オメガの腕時計の誤差の許す範囲は30秒/日で、天文台の認証するチップの平均する誤差の範囲を通って―4秒で/日が+6秒の/日の間に着いて、具体的な誤差はオメガ(Omega)の腕時計の使ったチップによって価格越高オメガの腕時計の誤差のもっと小さい原則によって決して、を決めるのではありません。オメガ(Omega)の機械的な表す動力の出所のつける者計略のは揺れ動いてぜんまいの上弦にエネルギーが発生して、1匹全く上條のオメガ(Omega)機械が表して36時間ぐらい運行するのを続けることができます:もし状況で毎日正常につけたのを保証する、15時間ぐらい運営することができて、もし以上の時間を上回って不足につけるか揺れ動かないすべてオメガ(Omega)の腕時計のに止まっていくように引き起こすでしょう、再度つける前に先にオメガ(Omega)の時計にぜんまいが十分であるべきです。
1台の自動車を議論する時恐らく百里に話が及んで問題を加速して、1台の携帯電話を討論する時メモリのデータと電池寿命を見て、しかしひとつの腕時計を言い出して、その精密で正確な性の別に宣伝しない場所。

機械は物理の原理の原因ため表して、いつも誤差があって、そのためそれでは毎日速度は何秒間とても正常な事で、1日下りてきて8万数秒行って、誤差の10秒以内の腕時計、すでにとても精密で正確でしたと言えました。しかし、私達が数万の甚だしきに至ってはもっと高い価格を使って1匹の時計を買いに行く時、依然としてあら捜しをして1両の秒間まで(に)それ精密で正確なことが欲しくて、これはどうして?