腕時計の取っ手はどうする_手を落として冠を説明して落ちてどうします

手は説明して落ちたをどうして、通常はすべてプッシュ・ボタンのあの片側の腕時計のバンドが全部落ちるので、またあるいはその他に一方での腕時計のバンドも上げ始める感覚です。ふだんもしも私達は腕時計のがねじることができるのに対してあまりにも行き過ぎで、腕時計の時計が(時計の冠)を落ちるのを招きます。腕時計の中で比較的よくある現象だと言えます。

親愛なる時計の友達達、もしもあなたが腕時計の価格、最新のイベントの特恵、メンテナンスの方面の情報を獲得したくてすべて親しい友人を加えてもっと多い情報を問合せすることができます:w18011717560←が長くて複製に基づきます。
1、手は落ちる原因を説明します

表しての落ちる普通をも2種類の情況に分けて、1つの時計は頭のが落ちるのを、その他にひとつのは表して頭をデリックといっしょに落ちます。前情況が表しため頭を退くのが腕時計のこの位置が腐食させられるの差し引くか。またあるいは腕時計の外部からの力を受ける衝撃がおよびもたらすデリックのにぶつかって断ち切るのです。後情況のは角が複雑なことができて、しかし分かりやすく言って、すぐ腕時計のチップのが引き延ばしため尾をさえぎるのがかぎ針で編むゆるみ止めができなくてとてもグルーブを送ったの離れるか。故障の原因は添え板の磨損を加えるのを含みます。とても大きいのが変形するのをも腕時計の損失に招きます。
2、手は冠の抜き出す注意事項を説明します
抜き出して針を動かす時を表して、必ず注意して力を入れなければならないとても軽くて、腕時計の中の部品はすべてとても微小で不十分だです。本来は正常な腕時計に来ると言うことができて、大きな力で時計を抜きに行くだけが必要で、すべて引き出された可能性があって、特にあれらの薄型あるいは小型の腕時計、だからみんなに特に必ずこの方面の問題に注意しなければならないように気づかせます。自分で知らないこの方面の知識、できるだけ補修処に送って、直ちに修復します。