すべてとても公の価格の状況で、2018の人気があるロレックスのどの少し割りに合うほんの少しですか?

事は遅らせるべきではなくて、ずっと本題に入ります。最近何日(か)、2018年の新作のロレックスの公の価格、続々とすべて発表しました。実際の情況は、現在のところは市場で流通して、2018年に新作のスポーツは働いて、新作のグリニッジ、新作の幽霊の王を含むのはすべてとても公の価格のです。ロレックスの人気がある型番のとても公の価格はとても正常な情況で、だから買わないことができて、もしも買って、予定、国外は時計、再販市場を探して時計を探すことしかできません。

ロレックスの新作のバラの金の間で金のグリニッジ(左)と鋼製車体の5玉の鎖の赤い青はグリニッジを閉じ込めます(右)

今の情況に対応して、とても簡単で、あるいは時間などを使う、あるいは運試しをする、あるいは値上げする。これらの新作の兄弟を買いを考慮するについて、私は唯一することができて、ロレックスの以前の市況によってで、簡単に対比して、すべての型番はすべてとても公の価格だので状況で、どの1匹、少し割りに合うほんの少しを買います。

いくつか兄弟が恐らくまだ新作のグリニッジ、新しくて鬼王の公の価格を見ていなかったのを考慮に入れて、だから次に私も公価格を付け加えて、各位は調べてみることができます。
現在のところ、新作のスポーツは里に働いて、最も盛んな時計、中の一つがありません。なぜかというとの前で陶磁器の赤い青は表すプラチナがしかないをの閉じ込めて、すぐ赤い青閉じ込めるのがとてもきれいで、しかしプラチナが公価格を表すのがとても高いため、追うどんな人がありません。今年、ロレックスはこの鋼製車体バージョンの赤い青を出して閉じ込めて、公価格は大幅に71800元、に下がります。71800の公の価格、買うことができる起きる人は比較的多くて、オオカミの多い肉が少なくて、だから価格がすぐに追われるのが高いです。よく知っている市場の兄弟はすべて知っているべきで、今再販市場の鋼製車体の5玉の鎖の赤くて青い閉じ込める実際の価格はすでに13万まで達して、その上恐らくまだ現物がありません。その前の2日間は更に私に言う友達があって、現物を手に持つ人がいて、15万値段を付ける、本当に気が狂っているすぎる(15万がもう中古の金の殻を買って導いて通持つことができるようになった)。