ただロレックスはいっしょに時計の史の中の不朽な伝奇を解読しに来ます

いまどきになって、腕時計はこのごろの代々にとても普遍的なことと言えて、1905年にハンス・ウェルズの多い夫の始まるROLEXロレックスから、いくつ(か)の世紀の成長と発展を経験して、ロレックスはすでに市場の上で今最もすばらしいブランドの中の一つになって、今日みんなを連れていっしょにロレックスのブランドの世界に入ってそして共にロレックスの表を作成する精髄を経験するのに行きます。

ハンス・ウェルズの多い夫――見通しがききます

現代名をあげることができる少数者がしかなくて、同時に時代をリードします。見通しがきくロレックスの創立者のハンス・ウェルズの多い夫(HansWilsdorf)は正にその中の1人です。このような時間の境界線の情況を突破するのは非常にめったになくて、十分にウェルズの多い夫とブランドの独特な場所を体現します。こちらはすばらしいまた多産の革新者は1960年に死んで、彼は全体の表を作成する界のため、特にロレックスは無数で貴重な遺産を残しました。

恐れることがないなしの怖がる精神と決心に頼って、ハンス・ウェルズの多い夫は腕時計普及させて、そしてロレックスを跳ねてと有名なブランドにならせます、百数年来ずっと盛大な尊びあがめる地位を維持します。彼の一生文章を書いた多い書簡の中で、剛毅な屈服しないハンス・ウェルズの多い夫は1914年の手紙の内で表明します:“私達は望んで第1.になります…..しかもロレックスの腕時計もただ1つになられると見なされるべきだのが最も優秀です!”目標はとてもはっきりしています。

事実上、ハンス・ウェルズの多い夫は人々の腕時計の自身に対する印象と感想、そのためにその位置付け、用途と潜在エネルギーを作るだけではありません。それ以外に、彼は更にずっと永久不変の不朽の価値をしっかりと守って、並外れている品質、表を作成する情熱ときんでている振る舞いを求めて、ロレックス高級の表を作成する究極の手本になります。いまどきになって、この結合の執着して、堅持して、将来の見通しと想像力の精神、皆体現していてそれぞれロレックスの製造、研究実験室と部門の中、と同時にウェルズの多い夫を高く評価して1から始めて深く信じる理念を打ちます:“何の地であろうと、オリジナル精神と品質はすべて必ず私達の未来のスローガンにならなければならなくて、ロレックスの腕時計ごとに修正するのは必ずきんでている品質の化身です。”