そんな多くの人は腕時計が好きで、腕時計はどこにあるのか

これは老生常談だが、常に常々の話をしていて、時計のない友達が多いとは言わないで、時計を買っていた友達が多い時は「風に乗って」って買ったんだけど、実は自分で時計がどこにあるのかわからないので、今日もみんなで話していて「似ていない」という感じがします。という話。

まず、美に対する理解は人によって違います。だから、多くの人が時計を好む理由も同じではないと信じています。

ある人は腕時計は家族のように、毎日自分についてきて、また何をやっているかと注意して、何をしたらいいのか、ずっとこのままでは、お互いの間に深い感情が生まれてきました。確かにこのように、日久のせいで、多くの友達が自分の愛の時計を見ても言えない気持ちを持っていると信じています。

ある人は腕時計の美しさはペットのように、あなたが喜んでいるのに関わらず、やはり楽しくない、それはすべて気性があることはできなくて、もしあなたがそれをなくしてしまうならば、それはいつもあなたに従って、しかもいつも動きの表針を見る時、すべて1足の水のワンワンの大きい目が自分を見つめてまばたきしていることを感じて、これは筆者が1人の女性の友達を聞いているのです彼女の目の中の腕時計をこう説明した。

腕時計の美しさと他のアクセサリーにはあまり違いがないという人もいますが、男性にとっては、時計のような配付のほか、ベルト、袖口、眼鏡、ペンなどの個人的な調合ができるようになっています。

女性にとっては、腕時計のほかに、アクセサリー、ピアス、ブレスレット、指輪、バッグなどが多い。確かに、かなりの一部の人から見ると、時計は様々な配給の一つにすぎないのですが、最も重要なのではないかと思いますが、多くの人の目には間違いがありません。

腕時計は自動車のように、機械的な動きの美しさを持っている人もいる。車が好きな人が多いことを知っている人は、車を運転するのは決して便利で、快適なものだけではなく、操作感やモチベーションを持ってきた運転の楽しみも欠かせない、そして多くの人から見ると、これも機械表が持っている楽しみです。機軸の動きの美しさ、余暇の余裕は、もちろん腕時計が持つ独特の魅力である。