どのみち高屋建前『タイム・アート』雑誌紹介

このように言うのはとても謙虚ではないと思うかもしれませんが、私はあなたがそれを得たとき、手に持って読むときに、時間を書いて、芸術を書いて、時間の芸術を書くことを信じます。それ自体、時間の芸術の濃縮についてです。雑誌、やはり設計感の強い芸術誌で、何が時間で、何が芸術で、何が時間の芸術について……。

香港奥川堂は2006年10月1日に上海で創刊され、主に中国大陸に向けて簡体双月刊誌「タイム・アート」を発行する。この雑誌の創立は、旧正月のニューヨークのような高屋建設のようだ。大大陸は、諸侯の力を尽くした消費指導力を欠いていて、国家公式誌で発行された簡体字腕時計誌を手に入れた。中国の時計好きの「時間・芸術」が運航し、中国の時計の消費市場を成熟に導いていく。

「時間・芸術」は月に出刊して、1月号のニュース・ニュースとともに出撃し、市場の情報を正確に追跡し、市場の潮流を導く。

「時間・芸術」の内容は時計専門を主線として、時計芸術、万年筆コレクション、食食、芸術投資など各方面の情報を貫いており、個性のある文風で中国市場による放矢を持っている。他のすべての「大陸版」という香港系の雑誌とは異なるのは、絶対本土の編集部、絶対自己のスタイル、絶対独立の方針、内にはニューヨークと同じ文章がない。
「時間・芸術」は、腕時計とは違っているだけでなく、芸術にかかわることもあります。また、専門的な特長を持つ生活のファッション誌であり、内容は多くの分野をカバーしていますが、なお、表川堂で最も得意な時計専門が主軸となっています。ただの蓋をしているのかもしれないが、「平庸を拒否し、芸術を追求し、生活を楽しむ」という目標が明らかになった。