BBW GTシリーズ10周年:2018ヨーロッパシーズンが幕を開く

4月21日- 22日、ヨーロッパシーズンが幕を開けた。イタリア・モンツァの国家レース場(AuTdromo Nzionale Monza)のレーススタートラインでは、53台のレースが溜まっていて、BBPスタミナシリーズの初試合で激突し、3万人余りが応援している。また、BBP GTレーサー・クラブの選手権は、モンザンダースの激情によって上演され、17名のレーサーは今回の選手権の初試合に参加した。今回の2018シーズンの開幕式では、GT試合に参加する10周年記念イベントが盛大に行われました。

ベルギーのアウディクラブのチームの1番のWRTレーサーは忍耐力シリーズのチャンピオンの肩書を獲得した

BMWスタミナシリーズ

BBP GTシリーズは、BBPPTとSONレーサー(SDMororpatortiGroup)が2011年に共同で設立され、世界で最も人気のあるGT試合となっている。今年、スタミナ試合は3つのグループ、専門グループ、プロ-アマチュアグループ、アマチュアグループです。3つのグループから3時間にわたる初の試合で、視聴者のために持続的なスリリングと刺激を与える体験がある。1号アウディR 8 LMSレーサーは、リードしていた2台のメザドスAMG GT 3(それぞれ3日、4号)で、最後の対決では伯仲していたが、最終回によって柔軟な策略を取って先頭に着いた。ベルギーのアウディクラブの車隊のクロストフ・マッス(Christper Mies)、アトックス・リベラ(Ale x Ribbal)とドレズ・ソール(Drees Vanshoor)は1番WRTレースを運転してチャンピオンの肩書を獲得し、43号のメルセデスSfakカRacing試合のイギリスチームがアジア軍に位置しています。4番メセドス「黒のタカ」レースのドイツチーム。モンツァも、アウディチームのBPTシリーズの史上初の勝利となった。