奇人奇表は大羽をふるう

時計といえば、欧米諸国、特にスイスの「港」というイメージがあるようだ。実はそうではなくて、我が国の北宋元祐三年(1088)の時に宰相、科学者のスマイルは、水運儀象台(通称水鐘)を発明したことがある。今のスイスのいくつかの有名な時計の刊行物の上で、ヨーロッパの時計の専門家と学者たちは依然として中国の9百年前に“水時計”を発明してとても高く評価していて、“現代の時計の中で使用した捕ら器、最も早く中国のスマイルによって発明されて、彼の製造した『水運儀象台』はすでに毎日1秒の誤差に達して、私は私は西洋では縦器のカウントダウンを使っていたのは、紀行後3世紀のことだった。
sz40 5 – a . jpg(2898バイト)は、「水鐘」が九百数年後の1991年7月、香港の「天儀軒」の主人、古表収蔵家の大羽さん、「世界一」と称される「奇抜な天儀飛輪表」を開発した。1992年、大羽さんはスイスバザル国際時計博覧会に出席し、以前は古表収蔵家として登場したようではなく、身を絶技とした独立製表商で自産の「精品」に出品され、いくつかの国際時計界の権威は、濃厚な東方色と華夏民族の特徴に満ちたものを鑑賞した。「天儀飛輪表」については、まず衝撃を受け、「世界ではない」というスイスのある会社が開発した「無支飛行舵の飛輪表」と並んで「世界一」と評定した。国際的な権威的な「国際腕時計」という雑誌は、この東洋の宝を三枚の彩版で展示し、ドイツ語、法文を冠した「奇抜な天儀飛輪表」の称号を世界に押しつけ、近代時計史において唯一中国人の名字と命名され、国際表壇に通用する時計専用の名詞となっている。

「飛輪表」とは、世界の時計業界では最先端の名品となる。1801年にフランス人のルイス・宝磯は「舵飛輪」の機械表を発明した。過去の腕時計には、「捕り」を左に並べ、右に「縦」と呼ばれ、この捕り、縦系は地心の引力に影響を受け、しばしば誤差が生じる。ルイス・宝磯が発明した「舵飛輪」は、縦横システムの精密性を高めることで、腕時計の正確さを大きく向上させることができる。しかしこのような「舵飛輪」の仕組みは、製造工芸が複雑で、発明から今まで一世紀に過ぎても、スイス、ドイツなど少数の国の時計工芸師の能力を持っていて、手作りで、毎年3~5匹しか生産していないため、価格は高価で、約100万香港ドル以上の価格で販売されています。数年前、1900年産の「舵飛輪」のアンティーク時計が競売され、約1000万香港ドルを超えた。1930年、ドイツの時計の巨匠が発明した「飛行舵飛輪」の懐中表は、さらに「舵飛輪」の工芸価値と正確さを高め、当時は国家元首によって授賞された。このことから、世界の「表中の王」と呼ばれています。