命に従うのは私の考えてはいけないことだ

女子の最初のぜいたく品はシャネルだと言われていますが、シャネルといえば、このブランドの創始者シャネルさんに言及しなければなりません。加布里埃・シャネル(Gabrielle BonheurのChanel)は、1883年生まれのソミュール(Saumur)フランス。フランスファッションデザイナー、シャネルブランドの創始者。彼女は現代主義的な見解で、男装化のスタイル、シンプルなデザインの中で高価であり、20世紀のファッション界の重要な人物の一人となった。彼女は新しい“生き方”を提唱し、女性が行動する自由を与え、優しさを失わない。彼女は高級カスタマイズの影響について彼女が時代雑誌に20世紀に最も影響を与えた100人の1つに選ばれました。

愛情成就事業

物事には相対的な面があり、シャネルさんの子供のころは不幸で、母が亡くなった後に彼女は捨て女になり、姉妹たちと奥巴辛修道院に運ばれた。しかし、同時に幸運なのは、まさにオパシーで、彼女は自分の手作りの素質を発見しました。泰瑞莎麽麽にココアは「あるかも知れない、あなたが自分の裁縫、店。」当時のシャネルたくはないのかもしれないこんなに多いが、泰瑞莎麽麽のこの言葉が彼女の心の中に埋め一粒の種も、彼女の未来の方向を明示しました。

愛情がシャネルさんの事業を成し遂げたのです。穆朗の居酒屋で歌を歌う時、シャネルさんと知り合った彼女の最初の情人おばさん。貧乏になった時、バサンは救世主のように現れ、彼女を「ココア」と呼んで、希望と事業の始まりをもたらした。これまでは、どのように見ても、王子とシンデレラの素敵な物語に似ている。でも、ココア・シャネルがシンデレラになるのはどうでしょう?かつて居候になるかもしれないの生活でココア別に安全感があって、たとえおばさんがくれたのは衣食無憂の豊かさ、彼女はかすかな未来に不安。彼女は、檻の中にいた金糸雀になろうとは思わなかったが、彼女はこの俗世の女性に対する位置を脱し、運命の手配をした。

カカオが帽子屋を開くというアイデアを出すと、ブイが現れ、この時のココアとバサンとの関係も限界につながっている。バサンがココア生活の救世主といえば、博伊は決して物質と精神的な救世主である。博伊やココアはある程度のような、彼らは抱負、渇望1種の達成感で、この点は自由放任のおばさんの比ではない。博伊の前で、ココアは心を開くことができて、彼女の不幸な少年時代について話すことができて、彼女は1つの帽子の店の願いを開きたいと言って、1つの触れることのある家伝の宝のように、自分のすべてをカバーします。ココアの心の世界はすべて博伊の出現によって点灯した。