機械表が攻略編を購入する

石英表を使い慣れて機械表を変えたいのですが、機械表の良し悪しはどう判断するのでしょうか?
機械表を選択して購入する基本的な方法
(1)全鋼と半鋼
機械の時計は全鋼と半鋼表の分があります。いわゆる全鋼、半鋼殻の材質は腕時計、全鋼表は、ケースと表カバーはすべてステンレス製で、半鋼表そのケースは铜质クロムめっき、後はステンレスの、両者ともムーブメントの品質とは関係ない。
(2)表のドリル数
多数の文字盤が刻まれてその表のドリル数(例えば21ドリル)と週波数数(例えば21600)、ドリル数の多少は測定機品質マークの一つの表。表の機能によって、普通の機械式時計要求17—19ドリル、自動表要求25—30ドリルで、多すぎるドリル数表機の性能の作用は大きくなくて、装飾用のようにただ。しかし腕時計の週波数は高いほどいい、その頻度は、渡船毎時間スイングの回数は、週波数、18000度以下の者には、低週波表(遅い振り)、21600度以上の者は、高週波表(速い振り子表)、頻度が高いほど時ほど正確。
(3)機械表の品種
機械表の品種は通常表、カレンダー表、自動表、機械カレンダー自動表があり、すべて機械表の基礎の上に1セットのカレンダー装置や自動装置が増加している。そして日付の単カレンダー時計だけが現れて、甚だしきに至って周历カレンダーの双カレンダーと全暦表。
自動表は腕の動きによって時計機の自動ハンマーを動かして、自動装置の活動を巻いて発条して、借りて動かす時。自動表にも全自動と半自動分があり、全自動で時計を任意の方向に動かすことができます。後者はすでに淘汰され、生産をしていないため、新しい自動表はすべて全自動表である。
(4)機械表は高級腕時計、中級腕時計、低レベル時計の3つのレベルに分類されます。この三つのレベルは、機械的な機械構造と性能の特徴によって分けられている。