ラングは万年暦シリーズはどう_ラングDatograph Perpetual(価格)紹介

実はラングの灰盤腕時計は少なくないが、各ブランドよりも大々的に白黒の要素は、灰盤それだけ伝え、ラング独特の美学の概念。

もしただ遊んで色の概念は、誰もが知っている。ラングは、究極のまじる複雑な機械構造、表現奥深いタブ芸、例えば結合万年暦と飛び返カウントダウンのDatograph Perpetual。

Datograph Perpetual実写

表面だけを見て想像しにくいかもしれないの背後に奥深い学問だが、ラングの成功した所で、最も簡単な画面は無比の複雑な構造に読む時間の人。

だから、人ははち時位置の小さな秒針、週間と日夜によると、やはりよんしよ時位置の月さんじゅう分、カウントダウン盤と閏年指示、皆は占用余分な空間の前提の下で一目でわかるように。