「海軍大将」の伝奇世界品鉴昆崙42靑銅限定腕時計

コルム海軍大将シリーズのW杯伝奇42ブロンズ腕時計は、昆崙会社が提供した最初の自動的に「現代」海軍大将杯バージョン、その裏の設計は1983年に公に認められ、後は海軍大将の元素として設計目的を採用し、航海の手紙号旗時間マークとして、じゅうに角形ベゼル特徴が目立っ。次に、腕時計の家についてきてください一緒に味わう昆崙海軍大将シリーズ、ワールドカップ伝奇ブロンズ腕時計。

じゅうに端ベゼル設計はその特徴、ケースを採用したステンレス制を経てブロンズのPVDコーティング処理;4表耳で明らかに腕時計を長くデザイン他よりも多く、これもそのためにそのとじゅうに端ベゼルが全体的な効果によりプラス組み合わせの融合。

ケースの左側でデザインした3つの角にさせ、表から耳をぴったりとケースで流線型ベゼル端が重なり、全体の腕時計の形に見えるクールより俊朗とばかり、サファイアクリスタルガラス表鏡、防水性もごじゅうメートル。

靑銅色チェック文字盤に透かし彫りの指針デザインの特徴はとりわけ際立って;さん時位置には日付表示窓口、ろく時位置を小秒盤、じゅうに時位置にある「ろくじゅうアラビア数字」と書かれ、そのが便利は目立つ昆崙「CORUM」アイコンロゴ;時間尺度スケールの外側のリングを採用しました。航海旗として時間マークは、海軍の精神の崇敬の意。