20年前、香港・マカオで買っていた時計はどんな体験だったのか。

事が延びれば尾鰭が付く、本題はずっと。今日は私には時計コレクター郄凤卿チエ医師の著書『表海横断》の第二の文章は、『香港マカオの購入腕時計』が書かれ、本文は2000年ななしち月さん日。注意して下さい、記事中に登場する時計価格、相場と今日は違い、ないで下さいと今の相場は混淆。

「香港・マカオに時計を買い」

1999年を通じて、友達の紹介で見た時計泳麟さん監修の「時計新しい知」の方にお知らせは華人たちにこんなにきれいな雑誌。同じ年ろく月、私は同じ時計さんに連絡を取り、きゅう、く月いち日からよんしよ日借りは尖沙咀金域休日ホテルの泰星貨幣交換機会、時計さんの事務所を訪れました。

あの台風で香港の近くを通ると、大雨が降っていると知って、電話が午後2時ごろに時計さん会社まで、そこで私に時前まで威邦商業の中心地、まず黄茵茵さんに会いました、彼女は『時計新しい知』の編集ディレクター、若い活発な、抜け目有能で、思いやりがある、私は分かりました『時計新しい知」が好調要因。殘念なことに、時計さんは用事があって来られなくて、黄さんを紹介してくれましたいくつかの時計店で、私はついに香港目の薬。

日本と違うのは、香港の質屋業はまぢ期限切れで販売品なので、質屋業買って時計の期待外れ、まぢ行もの本物を多くの市場の上で消えた長年のもの。また、中古の時計店の規模にも小さい、見えない日本のようにその同時に新宿ベスト販売数万時計の規模の中古店。