大卫贝克汉姆中国行慈善寄付3項ブライトリング腕時計

2013年ろく月じゅうななじゅうしち日からろく月26日、スイストップ独立タブブランドブライトリング(Breitling)の世界のイメージキャラクターを務める、世界実力スターデビッド・ベッカム(David Beckham)再度訪中し、中国の靑少年のサッカーの発展及び中国プレミアリーグのリーグ戦の広報大使としては北京、南京、杭州、上海の4都市展開中国行。

ブライトリンググローバルイメージキャラクターのデビッド・ベッカムが北京到着腕の間に装着:ブライトリングトランスオーシャン世界時間時計红金版クロノグラフ「慈善」はデビッド・ベッカム第二次中国行の主旋律となる。除参加の関連イベントのほか、ベッカムは特別に数件のプライベートコレクションアイテムに慈善寄付を含め、世界1枚ブライトリング時間究極のカウントダウン腕時計(Chronomat 44GMT)。オークションに出品される所得金はすべて中国サッカー協会と中国宋慶齢の基金会共同設立した「中国の靑少年のサッカー発展基金」を奨励すると中国のサッカーの事業の発展を推進。

ベッカムの中国への旅に杭州駅小ファンサイン腕の間に装着:ブライトリングトランスオーシャン世界時間時計のカウントダウン2012年以降じゅういち月最新のグローバルイメージキャラクターを務めるブライトリング以来、デビッド・ベッカムは、「飛」凡旅人のイメージを世界にアピールし、彼は夢の不断の事業に対して無限の愛、生活への情熱、ファッションの無限に優れて味わう。2013年3月に初の中国行は中国で「%マニアック」を巻き起こす」。およそ3か月後の2回中国行、慈善寄付を通じてベッカムよりも、ブライトリング腕表彰が担当と責任感の真の男のイメージと励まし、ブライトリングと一緒に夢想を堅持した中国のファン、表のファンやファン。