セイコーグランSeikoシリーズの歴史秘蔵版腕時計の紹介

を祝う「SEIKO(セイコー)タブ工芸伝承ひゃく週年」、1項のグランSeikoシリーズの経典の腕時計栄光回帰。1967年、44GSシリーズの腕時計が初めて発表され、新しい姿を見せてSeikoグランシリーズの魅力。この新設計は若いデザイナーを体現していると解釈に出SEIKO(セイコー)のブランドの本質を構築する。その第1枚のグランSeiko腕時計は1960年に登場した時、それを求めるのは腕時計の精確度、実用性と快適な装着など純粋機能性の目標として、その魅力は傑出なムーブメント製造。にじゅう世紀ろくじゅう年代初期、1位の新入社若い大学生だけに集中することを発見して、ムーブメントのははるかに足りない。彼は研究は、東京の光と百貨高級贅沢品専門店に展示された表モデルSEIKO(セイコー)、意識が製造したのはもっと魅力的なデザインを放つ光沢卓越した腕時計、そこで決定をSEIKO(ブランド腕時計設定)1種の外形スタイル。彼は最終的に作成する「セイコークラシカル」、44GS腕時計はこの通りデザインの第一項の腕時計、そして独特で、簡素また輝くグランSeiko腕時計はここで誕生した。