梅は時計を買う時に避けられた十大落とし穴

梅は時計を買う時に避けられた十大落とし穴
商品の時、人々はこの商品の値打ちがあるかどうか物、もちろん腕時計を買っても例外ではない、まるで経済原理と同じように、商品に合っているかどうかその価値と使用価値または追加価値。誠実と信用の面では、みんなの公認の重点は売り手の信用と信用の売り手の商品は非常に大切な売買。また、いくつかの専門家と専門家の意見もとても重要で、彼らの経験と専門知識を私たちはいつもいくつか知識落とし穴を防ぐ。もちろん、我々が不可能で商品リスト購入時のすべての出現の問題ですが、しかし、ただ皆さんが少しずつの経験で得いくつか知識、購入の過程の中に不必要な損失。
1)はきれいではありません
ある時計、あなたは見て非常にきれいだと感じて、しかしそれはとてもとても適していることがある可能性があります。ただ1段の時間を使う後にようやくどんなのが本当と自分が合うことを知っています。あなたは自分がどのように買って表を買って、最後はどのいくつか時計はあなたが買うことができないことを確認することを確認することができます。「だから第1印象は閉め切るだな。もし私は1匹の時計をつけて感じないならば、それは気に入らない、最後に私も買うことができない。これは诀要。」
2)は非常に正確度ではない
写真はあまり信じないで
一枚の絵は百万言に勝る、しかし写真自身は疑惑性を備えている可能性があります。良い表が撮ってない、ただどう表が写真中米冱美仑。「もしも君が写真の上で見て時計はとても引き合う時、往々にしては一種のギャンブル」、「もしあなたしか見てない写真で実物を見ると、それが一番信用の売り手売買商品、そして返品に保障。」「写真の品質があるかも淆惑製品の実態。」