演繹経典美学コメントブルガリOCTO八角形のケースは腕時計

美的ニーズの多様化につれて、設計の前衛性、腕時計は注目の材質やムーブメントの革新以外にもなって、デザインの決定の勝負。八角形のケースといっても僕らはもう知らないが、今日は皆さんにご紹介するのはこの項のブルガリOCTO八角形のケースは腕時計は、幾何学ラインの設計元素に与えた私達の新しい視覚体験。次に文章については、この静かな中に澎湃動力の美しい腕時計を探しています。
八角形の経典を演じるだけでなく幾何学のラインと腕時計の設計の完璧な応用にしながらも、愛する者たちに与えた表のサプライズも、素材からも工芸を出発し、この腕時計とは芸術の設計の模範の作。
全体の外形から上がってきて見て、腕時計を採用したバラの金あるいは精鋼材質のケース、41.5ミリの直径10.55ミリ、厚さは、ケースがつくと同素材の表ボタンと黒いワニ皮バンド。三時位置に日付表示ウィンドウ、時計、防水を100メートル。
腕時計の中で採用八角文字板デザインの腕時計が最も典型的なのはオーデマピゲのロイヤルオークシリーズやフィリップのNautilus、上図の見たとおり、三項の腕時計はケースの元素の運用にはは同工異曲の妙がないのは同じブルガリの腕時計ケース、殻やベゼルには110うどんから構成して、こんな精緻なデザインが決定しましたそれは経理多重工芸の磨き。