空を飛ぶ四項ブライトリング航空クロノ腕時計推薦

ブライトリング会社の創始者のリヨン-ブライトリングは1936年に乗せて「サンルイ精神号」による大西洋後、彼の孫ウィリー見航空及び交通に正確にカウントダウンの巨大な需要、飛行機かクラスの計器台セット生産精タイマー、それから歩いたと航空事業の生産隣の火事に騒がぬ者無し道。今ボーイングダグラスとロッキードなどの大型飛行機製造商都もブライトリングのユーザー。今日はみんなに推薦する何項のブライトリング航空クロノ腕時計。
同項の腕時計としての1項の名は体を表す航空カウントダウンを持つ腕時計、極めてはっきりして実用的な二つのタイムゾーンの表示システム、文字盤の中央の赤い先端回り、24時間目盛表示地球の反対側の時間を、そして指示する時間帯は昼も夜。ケース・バンドは全精鋼を組み合わせcal.24、自動的にムーブメント。発振週波数を288001時間で、しかも表が刻まれて世界の各大底の主要都市のタイムゾーンの区分。