大きい時計を買うべきですか?

腕時計のような服のように、トランペットの分の大原則のすべての人はすべて自分の腕の太さによって選択。しかし服は1つの道理、腕時計はあなたは“スキニー”を選択することができます」。でもこれも手の曲に回るようは全くなくて、あなたは知っている必要は正装表、運動表、ファッション表は、これらの異なるタイプの表のもつれは選ぶべき大1号もひと回り小さいだろう。今日の問題は、大きい時計を買うべきです。
正装表:洋服を買うように、フィットしている
世纪のろくじゅう、ななじゅう年代みんな背広を買って一日習慣が、今フィットは最低限の購入の原則、不似合いの洋服は難しいあなた本来の風格を表現。正装は通常スーツと合わせて現れ、ちょうどは原則と洋服も一緻。一定の出入りを必要とする場合は、ドレスアップをしっかり覚え、大きな原則をしっかり覚えておいて。具体的な数字の上までは本当に見て個人の需要、総じて表径最高33-40ミリメートルの制御。もちろん尺度も固定的ではない、これはあなたのこの時計は大きくて大きいかまだ小さいです。