時計の改装を購入するのは、結局よくない?

現代人は気が狂っている改自動車は、その速度は憧れ激情と共存のモータースポーツ、また何嘗はを愛車を独自のマーク?甚だしきに至っては独立したような暴走、Hella Flushなどさまざまな派閥の改装方式、車の変更として1種の文化を伝播。
機械工業の重要な産物で、瘋狂に改造されている。改装表について、長期にわたり時計圏の時計がないと信じている。
身の回りの改装表
腕時計は、外国には、国内にも、腕時計の改装の需要があり、それに関与する腕時計が少なくない。国内の改装表手法と外国と同様、海外には何の基本的な国内はありますか。私達の身の回りで最も一般的な改装表さんが、後に穴をあけて、めっき黒、彫り。
後ドリルは国内最も一般改装表の種類は、最も一般的な後ドリル対象はカルティエ、ロレックス、法穆兰で、これ以外にさんの量が大きいブランドのほか、一部のフィリップ、ショパン、伯爵も後ドリルの対象。
後ドリルの主な目的は「数万元の腕時計をつけて、数十万の効果”をはめ込ん一回りドリルの腕時計は確かにいる。そしてたくさんの元の工場镶钻の腕時計公价が非常に高く、そしてドリル腕時計全体の価格が比較的安く、原因は割れてドリルの価値にあまり高くない。