どのように機械的なことを買って表して、優良品質のすべてで自動機械を買って表して、米国は機械を買って表します

普通な消費者は機械式ウォッチの本当に偽りを鑑別しにくいです。低劣な腕時計を購入するのためを免れる、消費者は買う時、注意深く商標を見分けて、特にいくつかは特徴のブランドの商標があります。いくつか型の特徴の構造(例えば上條の柄の封印装置、カレンダーの組の日装置、後でふたが回って構造などに相当する)によって本当に偽りであることをも見分けに来ることができます。できるだけいくつか品質を選ぶべきだのがわりに良くて、また商標の型(国産例えばZ1、Z、シリーズを補修するのがいて、KLC、LSSシリーズ、輸入したの例えばETA2750、ETA2851シリーズ、371、2660のシリーズなど)。
機械を買って表して以下の何時に注意します:
1、機械は外観を表します。殻、面、針を目測して、“トラコーマ”、かききずがなくて、クラッド層がつやがあって、色収差がなくて、後回って所に相当するのをかぶせるのが厳密であるべきです。
2、機械は表して性能に起動します。ゆっくりと回転する上條の柄はねじをまいて、同時に秒針を観察して、普通な秒針に起動させる上條の回転数はもっと少なくて、表すべきなのが性能に起動するのはもっと良いです。
3、機械は上條を表します。上條の時に手触りが楽であるべきで、雑音がありません。自動的に上條を表して十分になった後に空回りする現象がある以外、普通な腕時計のぜんまいは十分なことができるべきで、空回りしません。