ブレゲの腕時計の知識のが夜光時計をつけてうまく眠ることができません、電子時計の小さい知識

腕時計をつけて手首上で眠って、もしも腕時計は夜光時計で、体に不利な影響を持ってきます。これは夜光時計のポインターため円の上塗の発光材料を刻みと、主にラジウムと硫化亜鉛の混合物で、ラジウムの放つ放射線は硫化亜鉛の結晶を奮い立たせて発光することができて、眠る時、もしも時計をつけていて、人体は8~9時間のラジウムを受けて放射して、人体に対して一定危害があります。そのため、眠る前に、夜光時計を取る方がよくて、テーブルの上に置きます。

ブレゲの腕時計の知識の電子腕時計の小さい常識。

電子腕時計は温度の25~28℃の時、1昼夜の時間単位の計算の誤差1秒以内にあって、温度が0℃以下あるいは、50℃以上に着く時、昼夜ごとに遅い2秒間ができます。同時に温度が60℃に達する時、液晶板は黒くなって、温度は0℃以下時まで下がって、液晶板は失って効果を表示して、そのため冬季まで、電子腕時計は計略上でつけることしかできなくて、人体の恒温に頼って(寄りかかって)その正常な時間単位の計算を維持しに来ます。その他に、高温がと低温を過ぎてまた(まだ)電池が液体を抜かしをもたらして、チップに腐食します。