アテネRoyalBlue飛行する陀はずみ車のダイヤモンドの腕時計は紹介します

神秘はのそれはがありに来ます:普通な陀はずみ車は橋板の固定的で機械的な構造で基板の上で、しかし飛行する陀はずみ車は固定橋板を省略して、そのため飛行する陀はずみ車の運行の安定性はいっそう掌握しにくくて、アテネは有名な表を作成する大家のジェームズを表します.彫るに比べてちょっと止まってこの問題を克服して、みごとに時計の技巧のために新しい1ページを書きます。手製で製造するサファイアの水晶の基板と橋板、よく合ってステルスして鎖の構造、非常に優雅です。「RoyalBlue飛行する陀はずみ車」は漂って基板の上で自転を行って、表面がよく合って更にはっきりと現れる貴重なつり合わせる美学、ぜんまいの箱、時分針と陀はずみ車が直線順列で時計の文字盤の上、輪で清く澄んでいるの、繋がって、下に敷いてサファイアの水晶のがだけあるで人のはなやかな神秘と美感をさせるのを現します。

の世間に現れる、複雑な表を作成する技術をもう一つの新しい境界に推し進めて、サファイアの水晶は底を掛けてみごとに飛行する陀はずみ車の神秘感を表して、更に1格のだけある美学になってから複雑な表を作成する技術それ持ち出します。青いはのずっと人の神秘と皇室の貴族の感覚を与えて、アテネは表して巧みに青いをの運用して、いくらかをも加えるのが優雅です。

アテネは最新であることを表して人手の製造する「RoyalBlue飛行陀はずみ車」ダイヤモンドの腕時計を出して、まばゆいダイヤモンドに明滅してカットのきめ細かいサファイアを足して、あたかも1件の完璧な芸術品のようです、全体陀はずみ車のシリーズのために円満な句点を描きます。ダイヤモンドごとにとサファイアは皆技巧の非凡な宝石の大家から切断してなって、プラチナの金と殻を表して組み合わせて自然で非の打ち所がありません。「RoyalBlue飛行する陀はずみ車」ダイヤモンドの腕時計は特に直径の43ミリメートルに殻を表すように選択して使用して、128粒の長方形のダイヤモンドと57粒の長方形のサファイアから象眼してなって、突然その滑らかで力強い外形を現します。プラチナの金の鎖は持って更に432粒のおよそ重い27.77カラットの長方形のダイヤモンドで扮して、および176粒の四角形のサファイアは飾りを行って、加えて難度を作ります。それ以外に、冠を表して埋め込みする8粒の長方形のダイヤモンドと1粒の半円形のサファイアがあって、倍増するのが貴重です。