日に日によくなるLV高級の表を作成する技術

ルイ・ヴィトンが逸品に参加して壇の時間を表す予想外なのが短いとの言えて、2002年までやっと第1匹の腕時計のシリーズTambour(フランス語の“別にタンバリン”のイタリア)を発表して、Tambourシリーズの腕時計はすぐそのバレル形が殻設計を表して広大な消費者の歓迎を獲得するため、その上チョコレートの色あるいは黒色の顔立ち設計、およびすばらしいMonogramは紋様に扮して、霊感のレザーとファーからの製品の中で使う蜜蝋のくるむ亜麻糸の黄色の秒針設計によく合って、様々で独占的な元素とブランドDNAのは置いて入って、ルイ・ヴィトンの腕時計のシリーズそのクラシックの皮革の製品の発展のようで、強烈なブランドの特色は本来は気が狂ってLV騒動の消費者を追求して抵抗することができないをの譲ります。

2004年、確立して未来専門の表を作成する領域の発展する傾向で続ける後で、ルイ・ヴィトンのスイスでの表を作成する山地の都市LaChaux―de―Fondsは1つの時計の仕事部屋を創立しました。ルイ・ヴィトンLV公式サイトの管理者の言い方によって、この事の含んだ意味は“徹底的にルイ・ヴィトンの腕時計の品質を掌握するのにあって、そして続いてもっと多い機能のルイ・ヴィトンの腕時計に発展するためにあらかじめ準備します。”

比類がない実力、時間はまるで神秘的なベールをはおって、これはLouisVuittonルイ・ヴィトンのこれがスーツケースのやり始める贅沢品メーカーは有史以来初めてだでスイスの自分の腕時計の工場に位置していて単独でそして組み立てる腕時計を設計して、作るのです。