型の格の十分な誉れの後退はタイ格HOYAAUTAVIAシリーズの時間単位の計算を鑑別評定して時計を積み重ねます

1962年、ジャック・HOYA(JackHeuer)は第一モデルが回転して小屋のタイ格HOYAAutaviaシリーズの時間単位の計算を表して時計を積み重ねるのを配備するのを設計して、精致な外観ときんでている性能は多くて有名な試合の運転手の愛顧を受けて、なってその時きわめて人気な専門がモデルを表しました。2017年、レースとクラシックが高い情熱を表しに対して維持していて、タイ格HOYAは2017年のバーゼルの時計の真珠や宝石展の上でAutaviaシリーズの第1世代の時間単位の計算が“Rindt”(1966年に出す)を表しを積み重ねるのを設計の原型にして、もう1度全く新しいAutaviaシリーズの時間単位の計算を刻んできた時計を積み重ねて、新しくモデルを表してすばらしい時計の優秀な特質を受け継いだだけではなくて、かつ元からある設計の基礎の上で少し変えて、それいっそう近代的な時計算する需要に合います。