どうして映画の中のしるしとなる品物、よく腕時計ですか?

もしも映画の中に最も忘れ難い十大しるしとなる品物を投票によって選挙しだして、腕時計の一定は中の一つです。たくさんの人気がある映画の中で、すべて容易に腕時計の影を発見します。映画の中の腕時計に言及して、恐らくたくさんの人は最初に思い付いて、007シリーズの映画の中でで、ジェームズ国のドイツのつけるオメガ。確かにこのように、スパイの映画の中で、腕時計の現れる回数が最も多いです。そんなにどうして映画はすべて腕時計を使うことが好きで、重要なしるしとなる品物として、ぜんまいの魚はもしかすると以下のいくつ(か)の原因のためかと思います。

腕時計は式典があって思います

どうして映画の中のしるしとなる品物、よく腕時計ですか?

宇宙間が中倉庫のおじさんを通り抜けて娘に教えます:“あなたは私がこんなに大きいような時、私の時間は腕時計の上でのを通じて(通って)あなたに私が帰って来たのを教えます”腕時計は積載するの無形のなし形で、それなのに如実に流れ去る時間。時間はこれまですべて苛酷でで、あなたは過ぎるのことができるのが悪くてなのにも関わらず、それは永遠にあなたのために1分1秒滞在することはでき(ありえ)ないです。そのため腕時計はきっと厳格なのので感特に映画の振る舞い中で人にあげて、その式典が思うのは更に重いです。人々は承諾を結ぶ時、腕時計の存在、もっと丁重なことを承諾するのを譲ります。