ロンジンの腕時計は何は陀はずみ車の腕時計です

陀はずみ車は表して、つまり日計のはずみ車は表して、“回転してたとえ調速装置でもを捕らえる”の機械的な時計を装備しているので、それは機械的な時計の製造技術の中の最高水準を代表して、その主要な性能は重力を機械が表す中に“たとえシステムでもを捕らえる”の影響に対して最低の程度にまで減少するので、幸運な精度を高めます。その独特な運行方式のため、すでに時計の動感の芸術の米を発揮して最高峰に達する事態に着いて、かねてから“時計の中王”だと誉められます。

1、第1世代の陀はずみ車が(すぐ第構造―Tourbillon)を表すのは1795年にスイスの表を作成する大家Abraham―LouisBreguetから発明して製造したのです。そのはずみ車の構造は“はずみ車の回転する骨組み”(Tourbillon’sCarriage)と“はずみ車の固定の支柱”(Tourbillon’sBridge)から不可欠な2の一部の基本的な部材は必ず構成しなければなりません。この組合せ中で、“並べて添え板に順番に当たる”(Balance’sBridge)ははずみ車に従っていっしょに必ず回転しなければなりません。異なる組合せの方法によって、第1世代のはずみ車が表して2種類に分けることができます:軸式(すぐ振り子の車輪の中心とはずみ車の中心が同一の軸心の上で)と;えこひいき式は(も非軸式と語って、つまり同一の軸心の上で車輪の中心とはずみ車の中心)を並べます。

2、第二世代の飛行する陀はずみ車が(すぐ第2種の構造―FlyingTourbillon)を表すのは1930年頃で、ドイツの表を作成する大家AlferdHelwigが製造することに成功して“はずみ車の固定の支柱”の陀はずみ車の懐中時計がなくて、このCLAS(2,3)の運行の時を表す神秘感と動態の芸術を高めたのが美しいです。この組合せ中“振り子の車輪の添え板”がやはりはずみ車なければならないに従ってでいっしょに回転して、この第二世代のはずみ車が表して同様に軸式とえこひいきする式の2種類の分類がありますと。3、第3世代の非常に不思議な陀はずみ車は(すぐ第3種の構造―MysteryTourbillon)が東方の時計の大家―中国人から大きい羽(KiuTaiYu)を矯正して1993年に香港の“日計の軒”の創始の発明かつで自分の手で製造することに成功するのを表します。それが第二世代の飛行陀はずみ車の時計が同じですべて“はずみ車の固定の支柱”をキャンセルした、その上ロンジンの腕時計が奇跡のように“はずみ車の回転する骨組み”をとと一緒に(この部材をキャンセルしただけではないのが第1世代が第二世代のはずみ車と表す中、ですべてなくてはならないの)です。その他に、この全く新しい構造の中でまた(まだ)第1世代第二世代のはずみ車の時計の中で必ずしなければならないはずみ車に従ってとと一緒に回転する“並べて添え板に順番に当たる”を変えてになってはずみ車に従っていっしょに回して、初めては大いにはずみ車の重さを軽減して半分の以上に達して、かつフレアーの順番に当たる直径を加えて時間単位の計算の安定性を強めることができて、同時にまた動感のアーティスティックプレゼンテーションのレベルを高めました。はずみ車が表して歴史を製造する中で、ロンジンの腕時計は大きい羽を矯正して初めてサファイアのガラスに取って代わって本来は金属の製造する“振り子の車輪の添え板”を使うように選択して使用して、以前はこの部品は“はずみ車の回転する骨組み”の中属したのでした。このが運行を表す時更に神秘的で測れないのに見えるため、だから国際上でも“氏の非常に不思議な陀はずみ車を矯正する”(Kiu’sMysteryTourbillon)と“中国陀はずみ車”(ChineseTourbillon)と称させられます。