最も神秘的な油/磁力を解読して機械に駆動してRessenceを表

事は遅らせるべきではなくて、ずっと本題に入ります。私は次にへをみんなは1匹展示して時計界で“大きい討論”の腕時計、RessenceTypeシリーズの腕時計を引き起こしのでことがあります。2010年に時計界は1つの新しいブランドを創立して、Ressenceを言います。

あとでRessenceは1匹の腕時計を出して、RessenceType1(今出て5まで着いた)、この腕時計は発表しますと、全体の時計界は驚かせました。この腕時計の外観と以前の腕時計がいかなる似たところがないため、見たところまったく1匹の電子時計です。時計の文字盤の上で3つの小さい時計の文字盤と上のポインター、すべて回転していて、自分でまた(まだ)中央の大きいポインターを囲んでいて(中央の大きいポインターが実は分針だ)を回転するのを回転するだけではありません。その時すべての時計の愛好者はすべてだまして、そこで1度の“大きい討論”を始めて、初めはこの時計の内部の構造がどんなを推測しますか?これが絶対に1匹の電子時計だと言う人がいて、これが電磁制御の腕時計だと言う人がいます。結果Ressence政府は表示に立ち上がって、私達は機械が表すのです。少しも疑問がないで、このRessence腕時計はその時に内部が作りを知っている人がなくて、謎を満たします。今この腕時計はゆっくりと解読するのを始めて、そして新しいチップの内部の構造図を放ちました。