ケイ素は腕時計をもっと美しくなったのが良いかどうか

今年表の展覧期間間で、私達はたくさん明らかな腕時計の発展の傾向を見て、その中の1つの細部――ケイ素の質部品は今年再度腕時計の中でのは広い範囲で運用して、再度私達の注意を引き起こしました。その前の数年間、時計界はケイ素の空中に垂れる糸、ケイ素の材料についてすべてとても多い討論を行ったことがあって、ブランドもケイ素を1つの重要な宣伝するのとして、その安定性と精確さ性を強調しに来ます。ある種類の方面から言って、ケイ素は確かにとても良いチップの肝心な点の部位の材料で、それが温度差性能を抵抗する(がとても良いしかし潤滑油、その他部品の原因に限られるのを受けて、腕時計は依然として高温あるいは低温の環境の中でわりに大きい誤差)を発生しやすくて、磁気を防いで、ケイ素の質部品は位置に接触して潤滑にする必要はなくて、材質が軽くて、エネルギーの利用率を高めることができて、これらの特徴はすべて以前の金属の材料が達しにくいので、その上日常生活の中でとりわけ重要なことに見えます。しかし私達もその欠点を承認して、もろくて弱い壊れ物注意、後期に修復しにくくて、いったん壊して全体部品を替えることしかできなかったら、正にこれらの原因で、私達を招いてそれに対して心配があります。