TimeForce腕時計の全く新しいL.U.CXPは植えて腕時計を描いて、極致の芸術品を製造します

TimeForce腕時計の全く新しいL.U.CXPは植えて腕時計を描いて、極致の芸術品を製造します2011年のバーゼルは展の上で表して、TimeForce腕時計は9匹のL.を出しますU.C XPUrushiは植えて腕時計を描いて、日本ホール級芸術家増村の紀と一郎(KiichiroMasumura)から刀を使って、ただ1つの極致の芸術品を製造して、東方の伝統の技術と西方の表を作成する技術の結合のために最も良い解釈をしました。ちょうど日本の天災の続けざまになる際に当たって、ショパンは1モデルのL.を売り出すとを決定しますU.つまりC XPUrushi腕時計は1寄贈して、000瑞郎、約5%は金額を小売りして日本を与えて被災者救済の用途のためします。

Urushiは日本の歴史は悠久な漆が芸術を描くので、生ウルシの出所はUrushi木から、ウルシあるいは日本のウルシの樹脂の中で抽出して来とも称します。毎年一回の樹脂を採集することしかできなくて、数量はほとんどとりわけ貴重でなくて、採集した後に必要として3~5年放置しなければならなくて、ようやく摩擦に強いのを加工することができて耐えるのが損で、蜂蜜形の生ウルシを呈します。加工する生ウルシを通じて(通って)を通常例えば杯に塗って、箱器などの日常の用品の上で備えて、層の上で漆を追わなければならなくて、一層ごとにがすべてとても細かくて薄いです。植えて描く漆が技術のを描くで、主にK金の粉などの金属粉を使って、漆に飾りを添えて描いて、際立っている漆を描き出してそしてアウトラインを描きます。事細かな金の粉は小さい竹筒とモルモットの筆で漆で描きに飾りを添えて、非常に細い線を描き出して、今回の作品の刀を使う者増村の紀と一郎便は植えて技術の中の大家の中の一つを描くのです。