思う存分海洋が簡単でオリスのダイビングのシリーズが65年にもう1度腕時計を刻むと言います

1960年代、潜む水道のメーターの急速な発展の時期で、同じく黄金の時期に言うことができて、この時ため多くの国家の軍隊、表を作成する商にダイビングを予約購入して時計を使いを始めて、このような注文書はよく比較的厳格な要求があって、目盛りにはっきりしていて人目を引くように求めるだけではなくて、その上夜光を備えなければならなくて、防水と幸運な性はもちろん条件がなくてはならないので、そこでいくつかのダイビングの腕時計の設計の基礎をも打ち立てました。オリスは1960年代に初めてダイビングの腕時計を出して、海軍のために使っのでことがあって、ここ数年来、オリスは絶えずもう1度その時のクラシックの潜む水道のメーターのモデルを刻んで、近代的な表を作成する技術を結び付けて、昔の栄を再現するのがつやがあります。今日、私達はいっしょにその中の1モデルの腕時計を見てみに来て、2016年末に出して、2017年のバーゼル国際時計の真珠や宝石博覧会の上で、型番の7337720 4051―07に見得を切ます 5 2102,私見たところ、これが絶対につりあいがとれているの上で1匹のきれいな腕時計です。