宇の大きな船を突破してMP―09組の軸陀はずみ車の腕時計を表であることを革新します

宇の大きな船が表して多軸陀はずみ車の腕時計の極限を突破しているのを誓って、また1モデルの全く新しい後世に伝わる作品(MP)は今回のバーゼルの時計展の上で出します。すべてこの非凡な構想に始ります:1モデルの全くはっきりしているわかる両の回転する陀はずみ車。…について、宇の大きな船は設計これ精致な自分で作るチップを表して、そして100%チップをはっきりと示すいわくで全く新しくてオリジナルな時計の殻を創作します。実用的な性決定の形式は思って、これも宇の大きな船に従って“MP”の腕時計の設計の哲学を表して、すぐ機能開発の専属のチップを独創するで、そして、際立っているこのチップの特性のために特製の外部の部品。

宇の大きな船は後世に伝わる作品MP―09組の軸陀はずみ車の腕時計を表して性能のきんでているMHUB9009.H1.RAを搭載して自動的に鎖のチップに行って、5日の動力を備えて貯蓄します。両軸陀はずみ車は機械運動の極致の美感を現して、第1軸は毎分一回回転して、第2軸は30秒ごとに一回回転して、心や目を楽しませて、また興味性を兼備します。