時間優雅でもとのままなジャガー・ルクルトReversoOneRトトdition1番をひっくり返して腕時計の復刻版をひっくり返します

そっと右へ殻を表しに滑って、時計の文字盤のひっくり返す間、時間まるで1931年まで帰りました……1度の激烈なポロ(用のボール)試合は誘発し始めてほこりが舞って、イギリスの将校・士官のが勝利を求めて彼らに1モデルがポロ(用のボール)の試合中の激しい衝突の腕時計に受け答えすることができるのが必要にたいと思って、ジャーク―デビッド・(Jacques―DavidLeCoultre)競技場上のを試験して特に馬のぐるっと回す間を御してこのため解答が見つかったのを彫ります。

我に返って、手首の上のこの復刻版をじっと見つめて腕時計をひっくり返して、また1度のずっと待ち望んでいるのが久しぶりに再会するようで、85年の時間は流れていって、もう1度会うのは優雅でもとのままです。黄金の割合の長方形が殻、時計の文字盤の上り下りする平行する線、伸び型のアラビア数字を表す時永久不変の黒色の時計の文字盤と腕時計のバンドを表示して、象徴します……85年の時間がアイロン(こて)をあてるもとの印でないものはなくて、復古の現代的センスを満たします。