パテックフィリップ最高の型番の影響力を三3974(3問+万年暦)

「時代以前筆者が相次いで時計情報」を紹介したと1415 2499フィリップの2つの重要なモデルも、実は、この二つの型番は代表の複雑な機能の家族は、2499代表の万年暦/カウントダウンは、1415代表の世界に。今日は引き続きを総合的に整理してまた三問/万年暦家族、その著名代表はRef . 3974。
三問(minute repeater)技術の発展に非常に早く(参考:読む拙文複雑機械タブ工芸の- 3問)、機械装置の高さは復雑や腕時計の相対狭いサイズ、3問腕時計はずっとにくい工業生産、頼りなければならない手工調整、さらに難しいカード表の声が完全に一緻している高級時計技術。一般的に、パテックフィリップの初の3問腕時計産は1924年、いくつかのじゅうに枚。その4枚アメリカされた当時の銀行と鉄道の有力者であると同時に、著名な芸術品と腕時計コレクターHenry Graves Jr .に収蔵されている。この4枚の腕時計の中で3つはプラチナ版で、1枚は黄金版です。この黄金の(下図)を転々としても、、2012年ろく月じゅうよん日サザビーズニューヨーク腕時計競売では299.5万ドル取引。
早期のフィリップ三質問表に基づいて、いずれもFrederic Piguetムーブメント(参考拙文:知名ムーブメントメーカーfp)、常にRef . 2524の型番が続々と生産1960年代初頭。ろくじゅう年代は間違いなく機械式時計の黄金時代には、当時の世界経済の戦後レジームから次第に台頭し、戦後生まれの新世代の靑年も歩み始め、腕時計市場の主流に潜水、レース、飛行などのレジャーやスポーツクロノグラフモデルを転換して、このようなは比較的復雑の手工業芸術レベルの腕時計はかえって次第体言、まして直後は1970年代の石英の危機。その後は1980年まで、パテックフィリップの社長フィリップ.斯登(フィリップ・Stern)を提出するフィリップ工場の150週年は1989年に世界を驚かせ、計画。十年の接近を通じて勤勉に努力して、1989年フィリップ発表スーパー複雑機能懐中時計Calibre 89、そして3問腕時計Ref . 3979とRef . 3974。そのRef . 3979(下図左)をベースR27 PS自動巻きムーブメントの3問表、Ref . 3974(下図右)をベースR27 Q自動巻きムーブメントの3問+万年暦複雑な機能を表。