「スター」ジョニーデップと彼の時計カルティエ藍風船

「腕時計時代資訊]近日小編某ファッションサイトで見られるジョニーデップの1枚のかっこいい写真、銀色シルクハット、ブルーサングラス、袖をまくり上げるの靑と白のストライプのシャツを組み合わせて非常に正式なベストが、開いていく2ボタン(脳補ってください好き者たちが開いていくボタンの胸の筋)、ベスト上着のポケットに明るい茶色のスカーフやズボン右ポケットのこのプリント裏地にハンカチを、「すすり泣く胡のかす」は、その組み合わせがごった返すに少しの放诞不羁の腹の中のかっこいい。右手左手皮質ブレスレット、一枚丸い時計ベルトミックスターコイズブレスレット(これは最炫民族風?)おじさん、デップのボヘミアのオーラは強力な加持。
デビュー直後の小編書き上げ第1段の文字でリードされた後、怒声番、200個字の中には言及し「時計」にどうします写真はおじさんの腕を拡大したデップ。小編教えてもらう何人の行いが早かった先輩、みんなが一緻して判断すべき1枚の靑カルティエ風船。
藍風船をカルティエブランド2007年発売の新シリーズを積載した靑鋼針、大ローマ字に標などカルティエシンボル性元素。その特徴は丸いのケースのほかにサファイア表冠先の独特の造型、窪む一部、またデザイン瑪雅部分弓形の防護、保つケース旺盛度のまたひとつ増えた特別な飾り。