积家手を携えて上海国際映画祭監督作品『男たちの挽歌』修復ジョン・ウー

修復の古い映画は、救助と保存のほか、更に重要な意義は推進映画遺産の保護と伝承、社会各界の注目を引き起こして。そのため、上海映画祭組織委員会の決定と积家2015年の修復ジョン・ウー監督の名作『男たちの挽歌」は、期による社会の各界の古い映画復旧工事がもっと大きいことを多くの社会の注目を集め、機関、有識者を関心を持って中国貴重な映像文化資源伝承仕事に加入し、チームの保存修復、中国の映画遺産自分の力を捧げ。
撮影は1986年の『男たちの挽歌」を打ち立てたジョン・ウー監督の暴力の美学映画の風格と香港映画の1基のマイルストーン、その精細分流すっきりと歌のように編集の今日から見ても申し分がない。积家グローバル総裁瑞亜徳さんは「このように1部の経典の映画を修復する意義。积家と映画の淵源は古く、つねに支持と推進映画文化。私たちは、消えて消えていった伝統的フィルム映画を守ることができて、芸術の経典を伝承することができて、芸術の経典。」上海映画祭組織委員会は、古い映画デジタル修復プロジェクトのコスト、巨大で時間が長く、映画祭に参加を积家中国古典的な映画の修復を切り開いた社会を支える力を救おうと中国工程の映像。
积家と上海国際映画祭の提携は2011年、協力早々から発表したのは数年にわたりと上海国際映画祭の協力の中で、最も重要な項目の一つは修復の中国経典の古い映画、これも国内初参加の映画は企業のコピーで復旧作業を中国の古い映画文化伝統の貢献ひとりの力。過去3年間、积家は資金を修復した『1大きな川を含む春水東に流れて』(上下二部)、『千裏を雲と月』、『四つ辻』、『カラスと雀」や「麗人行」を含む6部経典中国映画。