アテネ「綺蝶は蝶」に限定されている、という品質が

一匹の愉快な蝶舞う色彩を舞うように、翼、2011変身神話のミューズの女神。Ulysse Nardin(アテネ)に新しい「綺蝶が舞う翼を広げたい」、蝶の精緻で美しい態。
文字盤は色鮮やかなブルーを基調に、蝶は翼に1粒の莓の実を象眼し、そして5粒重3 . 8カラットのダイヤモンド;コーディネート18プラチナのケースは、この「綺蝶たい」限定表が手放せない。文字盤の蝶のパターンは、内にエナメルアートを作成し、アテネのマスター級芸。
ホーロー技術の成功のカギは特別な処理と。ひとつの厚い金属表面する凹の下部にある、湿ったエナメル粉末を記入後焼き、トップクラスの職人を経て巧みな手作りみがき処理、余分なエナメル除外、スーパーコピーエナメル既存の色と光沢を放つ。堅固なメタルの線を描き出して蝶の入念な外観は、全体の文字盤、令生き生きとして輝いて、突然このエナメル芸術の精密余すところなく。
「綺蝶たい」と限定表の構図や人の目を楽しまの本質は、絶対に冗談を言ってすばらしいさん装着限定版28羽。
「綺蝶は蝶」限定表技術資料
限定:全世界限定発売28枚
型番:130-91FC / BFY 18プラチナケース
ムーブメント:UN-13
動力貯蔵:約42時間
鎖上方式:自動でチェーン機能時、分表示
ケース:34 x 35 . 4ミリ
ダイヤモンド:5カラットのダイヤモンドは、3 . 8
表面:蝶々
冠:防水シートクラウン、陶磁器と真珠の雌貝
防水:50メートル、防水:50メートル