オメガ(Omega)の1932追針時間単位の計算天文台の懐中時計

オメガ時計工場人員はいくつかまで見つかってほこりに埋もれて数十年の時間単位の計算のチップの部品の箱、箱の中で載せたのを入れてつまりその年1932年のロサンゼルスのオリンピックの時間単位の計算の懐中時計のチップの部品を作ります。統計して下りてくるすべての部品の箱内に180の部品と半製品のモジュールを装備していて、部分の部品の状態が完全で、結果のオメガは一つのきわめて挑戦的な初めての試みを行いを決定して、この部品を改めて組み立ててきわめて価値の1932追針時間単位の計算天文台の懐中時計を紀念するのがあります。たいへん近代的なことを備えて思いを設計して、内芯はまた“その年代”で、とても非常に不思議な組み合わせから来たのです。