チュードルの腕時計:男、味わってからだ物に寄りかかります

諺によると“先にルーマニアの衣服をすすめた後に人をすすめる”、男と女の違うところ、男にとって、品位は顔立ちより更に重要です。1人の風采が上がらない男、一挙手一投足間で自分の狂うカナダの点数のため優雅なことを使うことができて、相反して、もしまた立派な男は足がスリッパをつっかけて、品質の悪いたばこを吸って、石鹸で顔を洗う……同じく十分に人望をいや気がささせます。

この精神の境域のこの上なく広い年代の中で、続けて食事をして別れてすべて格調を言わなければならなくて、不足して自身の優雅なイメージの自発的な積極性の男達を形作って、要して冷淡な目つきに注意することができました!近いうちに小さく回は専門的に城の中で品位を収集して今季の一部の新たに人気が出た人を男性でした―――もちろん既定の標準がではなくて、しかしあなたはそれを1つの参照にして結びますとよくて、ある程度啓発する方がよいです。さすがに品位の最高な境界は取ったのが目に見えてで、無形だに溶けて、品位のラベルを貼り付けることができるかどうか、2件の贅沢品を買うのがこんなに簡単だなだけではないことができます。

腕時計は紳士の意味について多く言う必要はなくて、ビジネスは或いは休日レジャーな時交渉して、1モデルの流行する品位の腕時計はすべて個性を明らかに示すことができて、男に更に腕利きなの、に見えて更に責任感があらせます。注意したのに値するのは、以前男性の時計は多く丈夫だで大きくなって、精密な鋼の材質を使って濃厚な男子の気概が現れて、今季国際潮流に迎合して、いくつか中和のデザインの迅速な上座、ベルトの腕時計はとても流行っていて、レジャーなデザインをえこひいきするのは上品で気前が良くて、夏のワイシャツを着る良い仲間です。