精巧で美しいショパンL.U.C XPUrushi腕時計の簡単な紹介

18Kバラの金は殻、直径の39.5ミリメートル、組み立てるのL.を表しますU.C96HM自動上弦のチップ、Urushi漆は描いてトラの図案の時計の文字盤に横になって、金めっきする太子の妃式の時、分針、茶褐色あるいは黒色ワニの皮バンド、18Kバラの金はボタンを表します日本の“国宝”の級漆芸大家増村の紀と一郎(KiichiroMasumura)の先生は日本のトップクラスの伝統の漆を採用して技術を描いて、ショパン設計のただ1つの時計の文字盤のため、シンプルで含蓄があるL.に装いをしますU.CXP腕時計、ここから腕時計は一幅一幅の精巧で美しい“浮世絵”に変身します。新作L.U.CXP超薄の腕時計はL.を搭載しますU.C96HMは自動的に鎖の機械のチップに行きます。

日本のトップクラスの伝統の技術はスイスのトップクラスと派手な表を作成する技術は互いに結合して、L.U.ここからC XPUrushi腕時計は誕生します。東方と西方の2項のトップクラスの技術は発生した美感に解け合って言葉や表情に現れて、ただやっと心底から理解することができるのを目撃します。増村の紀と一郎先生は日本のホール級の芸術家で、それが日本の伝統の技術の漆で描いて植えて領域のすばらしい業績を描くため、日本政府に“世の中の国宝”の芸術の大家に選ばれます。日本の“世の中の国宝”の芸術の大家の称号は1950年に始って、日本政府が奨励が伝統の文化と遺産、伝統の技術を伝承するおよび方面に際立っている貢献の人を作り出すために設立するのです。日本の伝統の漆は描いて当然この列、そのシンプルでなめらかな美感とショパンL.にありを描いて植えますU.CXPシリーズの超薄の腕時計の風格は完璧に符合します。

Urushiは歴史は悠久な漆が芸術を描くのです。生ウルシの原料はUrushi木から、“ウルシ”あるいは“日本のウルシ”の樹脂の中で抽出して来るとも語って、ウルシは主に日本と中国で成長して、樹脂の過程を採集してゴムノキの採集からゴムを生んで、1年一回採集することしかできなくて、しかも数量がとても少ないです。