酩喜びのへネシーの雲南の赤ワインは正式に取り出されます!

先週、Vinexpo香港の展会の上で、酩喜びのへネシー(MoetHennessy)は正式に雲の中の酒を出しを宣言します――傲慢な雲のシリーズ(AoYun)のワイン。

画像の出所:thedrinks business
この2013年に傲慢な雲のカベルネソーヴィニヨンが混じるのはワインを形成する雲南省阿東村のカベルネソーヴィニヨン(CabernetSauvignon)を採用して制を形成してなるので、これらのブドウは成長して雲南北部でチベットヒマラヤ山脈の上で接近して、海抜は2にあって、200は2、600のメートルの間に着きます。それ以外に、ここはまた(まだ)国連教育科学文化機関に世界文化遺産に入れられました保護して。聞くところによると、このワインの国際売価は300ドルの(約1976元の人民元)です。

酩喜びへネシーワイン支部の総裁は―吉楽と姆・伯拉特(Jean―GuillaumePrats)に表させて、このボルドーの品種が混じるのは酒を醸造する中国で先例がないので、そして傲慢な雲のワインを“中国の葛蘭許”(Grange)と呼んで、それが高く備えるのになって意味のブランドを収集するのを望みます。