ひすいは石―皮の殻の特徴に賭けます

砂皮の毛織物は位置とのと違い深さを埋蔵するため石に賭けて、異なる皮の殻の特徴が現れて、タイプがそれぞれ異なっていて、これで市場の上で私達を作ってよく異なるタイプのひすいの皮の殻に会えます。ひすいの皮の殻と特徴を知っていて、ひすいを行って石の肝心な点に賭けるので、ここは私は簡単によくあるひすいを紹介して石のに賭けます…

砂皮の毛織物は位置とのと違い深さを埋蔵するため石に賭けて、異なる皮の殻の特徴が現れて、タイプがそれぞれ異なっていて、これで市場の上で私達を作ってよく異なるタイプのひすいの皮の殻に会えます。ひすいの皮の殻と特徴を知っていて、ひすいを行って石の肝心な点に賭けるので、ここは私は簡単によくあるひすいを紹介して石の皮の殻の特徴に賭けます:

1、白い塩の砂皮は主に“モーゼの砂”の場の口で産して、古い河床のトップレイヤーの石に属して、長期風化を受けて濾過するため、皮の殻は白色で、塩砂形のようです、表面の風化する磨食の文が明らかで、形態が不規則です。白い塩の砂の表皮は比較的厚くて、砂粒が思うのが明らかで、しかし内部が普通は植えるのが良くて、材質がきめ細かくて、水の勢いは足りて、多くガラスの種、氷の種、氷のために翻ってひすいを使いを植えて、祖母の緑色などの高い青緑色の色がも現れることができて、ひすいの中の上等な毛織物です。

2、黄の砂皮:黄褐色、上層の鉱山(物)に属して、比較的よくあるひすいの皮の殻のタイプで、表皮はよく比較的厚くて、手が砂を触るのが思う明らかです。黄土の皮は2種類あることができて、直接風化する形成する黄土の皮からと、表皮と内部は次第に過渡状態を呈します;二つは2回通って形成する黄土の皮に酸化して、黄の皮は内に一層の明らかな赤い表皮があって、かつ内部の境界線へ明らかです;新しい場所の玉は黄の砂皮の毛織物の黄の皮をまねてただ表面だけに限られて、空乏層がありません。

3、赤い皮の殻:赤色―褐色の赤色の皮の殻、中間層のyang化富集層に属して、酸化鉄の質の富む集のため明らかな赤い皮の殻が現れます。赤い皮の殻の赤い赤い毛のある鳥の表皮はよく比較的きめ細かくてまろやかで潤いがあって、ゼリー形を呈して、とてもきれいで、しかしただ表皮だけに限られて、知っていない商人は全部の塊だのがすべて赤い赤い毛のある鳥だと思って、評価はとても高くて、切って割った後に赤い赤い毛のある鳥はただ表皮だけに限られて、内部は原生のひすいで、価値は暴落します。

4、黒くて黒い砂皮の殻:黒烏沙はひすいの丸い石の下層の石で、還元性の環境中発生する皮の殻で、表皮は主にいくつかの灰色の緑色―黒い緑色の緑泥石類の粘土の物質で、皮の殻は黒色で、しかし描写してくる粉末はほこりの緑色を現します。黒くて黒い砂のひすいはひすいが石に賭けて植えて性の最も強いひすいに賭けるので、内部の特徴が全く黒くて黒い砂皮に覆い隠されるため、皮の殻の特徴によって内部のひすいの善し悪しを予測しに来ることができなくて、よく言う“10が9賭けて崩れる”のがあります。

5、ほこりの皮の殻:カード場の口のモデルの皮の殻ができるため、スチールグレー~ほこりの白色を表示して、内部の材質は比較的きめ細かくて、よくもち米ひすいが現れるの溶けてで、中級と高級のひすいの毛織物に属します。